不動産の“正解”

一般消費者が30年にも及ぶ借金をした上で購入する「住居」ですが、購入する際の検討する順番が“逆”だと常々思っていました。購入する方の多くは、現在マーケットに出ている物件の中から「予算に合うもの」や「住みたいエリアにあるもの」を選びます。