不動産の“正解”

一般消費者が30年にも及ぶ借金をした上で購入する「住居」ですが、購入する際の検討する順番が“逆”だと常々思っていました。購入する方の多くは、現在マーケットに出ている物件の中から「予算に合うもの」や「住みたいエリアにあるもの」を選びます。

不動産の“正解”

「失敗しない物件選び」をするための条件等を記してきましたが、こちらではその内容をQ&A方式でまとめてみました。

 「買い時」に関する疑問

不動産価格が高いというニュースをよく見ますが、“今”不動産を買うと損

不動産を“正しく”知るための本

このサイトや「Property Analysis」を見てくださっている方向けに「勉強会」のようなことをすることがあるのですが、その際「この本を読むと不動産についての“正しい”知識が得られる。」と思った『本』を紹介してください、とお願い ...

自分で物件調査

5.物件リスクを自分で調べる方法(立地編2)

前回の『地形』や『地盤』を調べる方法で標高や近隣の地盤が分かったものの、対象地(調査対象の土地)を直接ボーリング調査した訳でもなく、あくまでリスクを“推測”しているに過ぎません。“推測”でも ...

自分で物件調査

5.物件リスクを自分で調べる方法(立地編1)

今まで、「良い不動産」の考え方について、主に書いてきました。ここからは、良さそうな物件をポータルサイト等で見付けた場合に、具体的に、自分で調べる方法について書いていきます。いわば、実践編です ...

購入エージェンシー

不動産の購入エージェンシーともいうべき、本当に購入者の味方になってくれる不動産仲介業者を見抜く方法もお知らせします。それは、その会社(担当者)が仲介における各段階で必要な情報を与えてくれるかどうかをチェックすることです。

...

不動産の“正解”, 不動産の売却

第3部 不動産の売却

信用できる業者の選定編

(1) 信用できる業者とは

前回も書いたように、不動産仲介会社は、売却物件の媒介業者になることが一番儲けに繋がることなので、売却を考えている人がいると分かったら、何としてもその媒介 ...

不動産鑑定士

再度、番外編です。
不動産鑑定士の友人と会う機会があり、不動産鑑定の難しさを語り合いました。

1.不動産鑑定という仕事に対する認知度の低さ
2.作業単価に対して労力を認識していただくことの難しさ
3 ...

不動産の“正解”, 不動産の売却

第3部 不動産の売却

適正な売却額の査定編

(1) 適正な売却額の査定は自分でもできる!

前回、不動産マーケットの流れから、現在が“売却に適したタイミング”であることを述べました。では、いざ自宅を売却しようとした場合、一番気に ...

不動産の“正解”, 不動産の売却

第3部 不動産の売却

適正な売却額の査定編

(1) 不動産を売るタイミング

ここまで、主に「不動産」を買う側から見てきた「不動産の“正解”」という趣旨からは少しズレますが、最近のマーケットは、「買う」よりも「売る」方に適してい ...